仕訳は、日々の取引を記録する

 

「仕訳(しわけ)を学ぶこと」が、「簿記を学ぶこと」といって過言ではありません。
仕訳を理解することなしに、簿記の理解はありえません。
簿記が苦手な人は、仕訳が苦手な人です。
仕訳は、勘定科目ごとに基本ルールがあります。
まず、この勘定科目ごとのルールを確実に覚えてください。
これは、理屈抜きに覚えるのみです!

 

ビジネスの世界で、簿記がその存在価値を保ち続けている理由の一つは仕訳です。
どんなに複雑な取引でも、仕訳によって単純に整理することができるからです。
そして、この仕訳は、簿記が生みだす「ことば」でもあります。
仕訳を見れば、それがどのような取引なのか、を推理できます。
具体的にみていきましょう。

 

仕訳には、3つの基本ルールがあります。

 

①簿記には「フォーム」がある

簿記には決まった「フォーム」があります。簿記の形式といってもよいでしょう。

簿記のフォームは、つぎのようなものです。

簿記のフォーム

    方     方

 

フォームの左側を「借方(かりかた)」といいます。そして右側を「貸方(かしかた)」といいます。

具体的な使い方は、これからくわしく説明していきます。
ここでは、簿記には「フォーム」があること。
そして、左側が「借方」、右側が「貸方」という簿記の用語を覚えましょう。

  

②借方と貸方は異なる勘定科目になる 

簿記では、異なる勘定科目が、簿記のフォームに記載されます。

たとえば、借方に「A勘定科目」、貸方「B勘定科目」というようになります。

 

  借方  貸方
   A勘定科目   B勘定科目 

 

    

③左右の金額は同じになる 

これは「借方」と「貸方」という左右に記入される金額が「必ず同じになる」ということです。

つぎの金額をみてください。
「借方」「貸方」とも同じ10,000円という同じ金額が記入されています。
簿記では、「借方」と「貸方」に必ず同じ金額が記入されるのです。

 

  借方  貸方
  A勘定科目 10,000  B勘定科目 10,000 

 

 

簿記の基本ルールである3つが成立したとき、これを「仕訳(しわけ)」といいます。

 

仕訳は、簿記が生みだす「ことば」である

仕訳は、簿記のフォームに「勘定科目」と金額を記入することで、意味を持ちます。

「現金10万円が、借入金によって増えた」ことを仕訳すると、以下のようになります。

  借方 貸方
    現金 100,000 借入金 100,000

 

では、この勘定科目が反対になったとき、どのような意味に変わるでしょうか。

 

 借方  貸方
 借入金  100,000      現金 100,000

 

この仕訳は「10万円の借入金を現金で返済した」という意味になります。
このように簿記のフォームに「勘定科目」と金額を記入することで、意味を生みだすのが仕訳です。
仕訳は「借方」から「貸方」へ勘定科目が動くことで全く違う意味にもなります。
仕訳とは、簿記のフォームと「勘定科目」が生みだす「簿記のことば」です。

それでは、なぜ仕訳によって取引内容の省略化ができ「簿記のことば」が生まれるのでしょうか。
あらかじめ決められた「仕訳のルール」があるからです。
つぎに仕訳のルールをくわしくみていきましょう。

 

仕訳のルールを学ぶ

簿記のマスターのためには、仕訳ルールは覚えるのみ!

・5つのグループごとの仕訳ルール 

勘定科目に5つのグループがあります。
仕訳は、この5つのグループである資産・負債・純資産・収益・費用のそれぞれの「仕訳ルール」を覚えることから始まります。理屈を考えず、まず、基本ルールを覚えましょう!水に入らなければ永遠に泳ぎをマスターすることはできません。
簿記も仕訳の基本ルールを覚えなければマスターできないのです。

 

「資産」グループの仕訳ルール

資産は、借方に「増加」、貸方に「減少」を記入します。

 借方 貸方
 増加 減少 

 

「現金」は、資産グループです。

この「現金」をつかって、資産グループの増減をみていきましょう。

 

現金が増加したときは、「借方」に記入されます。

 借方 貸方
 現金

 

現金が減少したときは、「貸方」に記入されます。

 借方 貸方
現金 

 

 

「負債」グループの仕訳ルール

 

負債は、借方に「減少」、貸方に「増加」を記入します。

 借方 貸方
 減少 増加 

 

「借入金」は、負債グループです。

この「借入金」をつかって、負債グループの増減をみていきましょう。

借入金が増加したときは、「貸方」に記入されます。

     借方 貸方
 借入金

 

借入金が減少したときは、「借方」に記入されます。

 借方     貸方
 借入金  

 

 

「純資産」グループの仕訳ルール

 

純資産は、借方に「減少」、貸方に「増加」を記入します。

借方 貸方
 減少 増加 

 

「資本金」は、純資産グループです。

この「資本金」をつかって、純資産グループの増減をみていきましょう。

資本金が増加したときは、「貸方」に記入されます。

     借方 貸方
 資本金

 

資本金が減少したときは、「借方」に記入されます。

借方     貸方
 資本金  

     

 

「収益」グループの仕訳ルール

 

収益は、借方に「取消(減少)」、貸方に「発生(増加)」を記入します。

 借方 貸方
 取消 発生 

 

「売上」は、収益グループです。

この「売上」をつかって、収益グループをみていきましょう。

 

売上が発生したときは、「貸方」に記入されます。

 借方 貸方
 売上

 

売上が取消になったときは、「借方」に記入されます。
たとえば、売り上げた商品が、品違いなどにより返品された場合です。

 借方 貸方
 売上  

 

 

「費用」グループの仕訳ルール

 

費用は、借方に「発生(増加)」、貸方に「取消(減少)」を記入します。

 借方 貸方
 発生 取消 

 

「仕入」は、費用グループです。

この「仕入」をつかって、費用グループをみていきましょう。

 

仕入が発生したときは、「借方」に記入されます。

 借方  貸方
 仕入  

 

仕入が取消になったときは、「貸方」に記入されます。
たとえば、仕入れた商品を品違いなどで返品した場合です。

 借方 貸方
仕入 

 

 

仕訳のしかた

投稿者プロフィール

伊達敦
伊達敦
東京都武蔵野市。
決算書の見方、経営分析などマネジメントに知悉している商社勤務の実務家。
統括責任者として全国3000社を超える販売店及び代理店の経営実態の把握、
経営指標の分析に辣腕を発揮した。
また霞が関の中央官庁との交渉窓口も担当する。
独創的な決算書解説や経営分析理論は、海外でも高く評価され、著書は海外でも翻訳されている。
商業高校出身の為、簿記の基本を学び、大学で簿記理論を体系的にしっかり学んだ。
大学在学中は、会計学の大家、中村忠教授、飯野利夫教授から 指導を受けた貴重な経験を持つ。
おもな著書 「まだ若手社員といわれるうちに知っておきたい会社の数字」講談社刊
中小企業研修協会代表。ファイナンシャルプランナー。
欅坂46、櫻坂46の大ファン。DVDをすべて揃えている。推しメンは、関有美子。